読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015-16 ICIカスタムフェアin有明 後編

f:id:Ski365:20150614231959j:plain

まずはStockliから、

今シーズンはメーカーの予想を遥かにに上回る速度で売れていくので、只でさえ生産量の少ないFISモデルは有明に来る前にSOLDOUTするのではないかと言われていたストックリー

新潟まで偵察にいったついでに買ったLASER SL FIS 165cmは完売だそうです。

157cmは土曜日の時点ではわずかだけど在庫あるそうです。

GS FISの一部モデルは新潟に来る前に完売してたとか、、、、

 

f:id:Ski365:20150614232010j:plain

お次はdps

よくよく見てみるとSpoon、Lotus138、Wailer105、Cassierあたりが見あたらない

スペースの関係なのか?ICIの方針なのか?何でだろ?

とりあえずお目当てのWailer 112RP2 Pure3はあったのでGET!

 

f:id:Ski365:20150614232036j:plain

最後に今回一番悩んだDynafitのATブーツ

VulcanMSかKhionかKhion Carbonかでさんざん悩んだ挙げ句

f:id:Ski365:20150614231922j:plain

↑に決めました。

 

Khion Carbonに決めた理由として、足を入れた際のフィーリングがアルペンブーツに近いこと。Vulcanに比べて前後方向の粘りがあり、膝を入れやすいからです。

因みに、ノーマルとカーボンは前後方向のフレックスはほぼ同じで、サイドの剛性がカーボンの方が圧倒的に強いだけらしいです。

 

Vulcanはアッパーシェルのロック機構は非常にシンプルで故障耐性がかなり高そうでいいんだけど、ロック機構が優れていることとのトレードオフでキーオンに比べて膝が入れにくくなっています。