読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年3月22日JSP試乗会in苗場スキー場(Stockli)

試乗コンディションは春の腐れ雪。幸いなことに妖怪板掴みはお休みでしたが(笑)

f:id:Ski365:20150323003915j:plain

LASER SL (119-66-96 R13.6m) 165cm

一ターン一ターンしっかりと反応が返ってくる。適度な柔らかさのフレックスだけど、腐れ雪の中で板がはね返されたりばたついたりすることなくターンをつなげて行くことができる。アホみたいに値段が高い板だけど、それに見合う乗り味の板。

来週の丸沼にも来ていたらハードパック条件下でテストしてみたいな~

 

f:id:Ski365:20150323003936j:plain

LASER SX FIS (FIS-FIS-FIS R>23)185cm

スキークロス競技用の板。春の腐れ雪でも操作できなくはないけど、撓ませるにはそれなりの脚力が必要。ハードパックされた斜面でないと板の性能を引き出すのは難しそう。

 

f:id:Ski365:20150323003954j:plain

LASER GS FIS (FIS-FIS-FIS R25.5m) 184cm

SXに比べてトップのエッジグリップはすこし強め。この板も春の腐れ雪で撓ませるには

脚力必要。だけど、春の腐れ雪では乗ってて楽しくない。これもパックされた斜面でないと板の性能は引き出せなさそう。

 

f:id:Ski365:20150323004026j:plain

f:id:Ski365:20150323004042j:plain

LASER SL FIS (FIS-FIS-FIS R13.6m)165cm

FISなしのモデルとの違いは先端のトップフィンとビンディングだけだと思ったら大間違い。

まず、緩斜面でズラそうとしたらトーションがガチガチなのか相当ズレにくい。

高速域でカービングしようにも全く板が撓まない。外足に全体重かけて、内足を上げ気味にターンするとほんの少しだけたわみを感じられる。

この板は競技用のアイスバーンのみで使い、ブーツフレックス140or150以上の競技者のみが乗りこなすことができるのではないかと、、、

あまりにも固いのでメーカー担当者に芯材の強化方法について聞いたらアラミド繊維を含む独自配合のファイバーらしいです。